獅子と虎に情熱を燃やして・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光市母子殺害事件の最高裁判決に思う
2006年06月20日 (火) | 編集 |
昨日、光市母子殺害事件の最高裁判決が でました。

結果は 〝原判決を破棄し高等裁判所に審理を差し戻す。〟


この結果を受けての 被害者のだんな様、本村さんの
苦痛の日々がまた続くんだと空虚な気持ちになりました。


加害者の弁護団は いまさらになって
計画的な犯行ではなく、衝動的な犯行であったとか
検察側が捏造したなど 主張する。


弁護側が 加害者を 弁護するのは あたりまえだが
この弁護士のやり方には 本当にあたまがくる。


昨日、ちょうど私のおいっこを抱っこする機会があったのだが
すべてにおいて 清らかで かわいい以外に 言葉がでないほど。

そんな 赤ん坊を 殺せる、母親を強姦して殺す男が
はたして、更生できるのか?

テレビ取材で 加害者の 父親が コメントしていたが、

「 罪を起こす 人間にも 責任はあるが、 罪を起こすように
 なってしまった まわりにも 責任がある」

といっていた。

なのに

「 親の 責任ってなんだ? なにができるんだ? 」 

と 開き直っている。
最高裁まで 一度も自分の息子に会いに行こうとはしなかった親。
自分の息子の起した事件のせいで、俺の人生までめちゃくちゃになった
と自分が被害者なんだというような 口ぶり。
本村さんに対して、謝罪的なことは感じられなかった。

この親にして この子ありと 強く感じました。

それに対し 本当の被害者 本村さん。


私は 本村さんを 同世代として 尊敬しています。

どうして、あんなに気丈に 冷静に 自分の主張を
できるのかと。

彼は、あの事件後 とても強く生きてきたと思います。
一時期、自暴自棄になり、自由に使えるお金で、車などを買ったそうです。
でもやはりモノでは 心は満たされなかった。

被害者として 訴えるべきことがある。
被害者の人権を 確立すべき。

そして、今後の少年犯罪のためにも 極刑を行うべき

そう 彼はプライベートもなげうって、大切な時間も自分の幸せも
すべて 費やして 鉄の心で 戦ってきました。

彼の言動は 明らかに この日本の司法を変えています。
そして、今後も大きな影響を与えるでしょう


でも、そろそろ 彼自身の新たな 幸せを 見つけれるように
なってほしい。

そのためにも、一日も早く 死刑の判決が 言い渡される日を
願っています。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
時間はただただ過ぎてゆくのみ
事件からもう7年の歳月が過ぎてしまった。
被害者遺族の方もまだあどけなさが残るような若々しい青年だったけど、
いまでは立派な大人になられた。
この7年という時間は彼に何を残してくれたのだろう?

一審判決、二審判決で司法の不正義に裏切られ、
被害者の力のなさをまざまざと思い知らされ、
自分の手でも犯人を殺してやると言うてから、ネットでも
人殺しと誹謗中傷され、でも負けずに被害者として出来るだけの
活動を自分の時間を失くしてまでがんばってきたのでしょう。

やっと、やっと最高裁で弁論が開かれ、無期が破棄され、
死刑判決が出されるのではないかと、期待されたが、
出された判決は原判決を破棄しての差し戻し。
無期懲役が不当であるとここまで踏み込んだ判断をくだして
いるのに、最高裁では死刑を下すことなく、高裁へ差し戻し。

たぶん、高裁では死刑判決が下されるであろうが、
時間が・・・
彼の時間はもう戻ってはこない。
これ以上被害者を苦しめる必要はないでしょう。
願わくば何よりも優先して審理を行い、少しでも早い死刑判決を
くだして欲しいね。

あのエセ ヒューマニズムの詐欺師以下の弁護士については
腸が煮え繰り返す思いをするので、考えたくもない
死刑反対論者であるなら、死刑制度の是非を問うべきで
事実を歪曲して殺意がないなんて、あきれ果てて言葉も出ないね。

あの父親・・・親の資格もない。
あんな息子を育ててしまってよく生きていられるもんだ。
情けない人間が多すぎるな。
2006/06/21(水) 20:53:39 | URL | 獅子虎之助 #YwFhO0mY[ 編集]
足立、安田が被告Fの弁護人である以上、
Fの主張を裁判で発言するのは仕方ないと思う。
聞いてて非常にムナクソ悪いけどね。
しかし、自分の理念を通す為、裁判を故意に遅らせたのは
レッドカード(遅延行為)で退場や!
弁護人の行為を大きく逸脱してますよ。
2006/06/21(水) 22:59:50 | URL | hide #/q/2XrHk[ 編集]
コメントありがとうございます
>虎之助さま
ほんとに 時間がなんとももったいないです。
彼の大切な時間はもどってこない。
なによりも、奥さんと赤ちゃんの時間もない。

いまはただ、彼の希望通り 刑が決定し
穏やかな時間をすごせるようになることを
せつに願います。

>hideさま
お越しいただきありがとうございます。
弁護士には ほんとうにいらだちます。
延期のための 欠席などありえない。
なんとかならないものでしょうかね。
ほんまに 退場してほしい。
2006/06/21(水) 23:17:46 | URL | ちた #41Gd1xPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。