獅子と虎に情熱を燃やして・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山日記①
2006年08月14日 (月) | 編集 |

年に1回の登山。
今年は北アルプス 唐松岳から五竜岳そして 遠見尾根を下る
ルートで おかんとふたりで 登りました。

朝7時にゴンドラに乗り
そして リフトで白馬八方の一番てっぺんへ

写真
夏のリフトも乙なものです

写真
八方池をぬけて。もっと天気がよければ
白馬岳の眺望が最高なのに・・

写真
こんな感じで・・・雲が・・モクモク

残念と思いながら・・
通常 3時間半かかる 唐松山荘までの道のりを
3時間で登り・・・11時前に山荘に着いた~!と思ったら


嵐!!!

雨!!!

そして 雷!!


ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!


1日目のうちに五竜岳まで登る予定でしたが
断念・・・ 

その後は ひるまっから。。。昼寝・・。
だって、前の日 寝てないんですもの・・・

体調を整えるということで・・・
寝ている間に いつの間にか晴れて
山荘から20分ほどで登れる 唐松頂上へ

唐松岳からは 明日登る五竜岳がはっきりと!!

写真


でかっ!
鋭い!


山頂に登った瞬間、携帯が・・・

おっ?電波が入るのね!?と思っていると

このルートをお勧めしていただいた方からの電話。
山の方はどうですか?という電話でした。
なんだか タイムリーですごくすごく
うれしかったです。

電話が終了するとなぜか 電波が入らなくなり
バリ3が・・・・

あの一瞬は 不思議な力でも働いたのでしょうか?


唐松山荘は とてもごはんがおいしかったです。

写真
おかずも山荘にしてはとても豪華。
何よりも白ごはんがおいしい!
おかわりをしてしまいました。
寝てただけなのに・・なぜおなかがすく。
しかし、白山の山荘とはえらい違いです。。


山荘は物資の調達が難しいので、
こんなのは
写真

400円・・・


あたりまえです。

のみたかったけど・・

写真


がまん・・・


また、山荘では昨年の白馬岳の土砂崩落事故の第1通報者の方がいらっしゃって
いろいろそのときのお話を聞くことができた。

山に事故はつきものだが
ぞっとするお話でした。

一歩間違えていれば 自分たちが犠牲者だったとか。

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

その方は、ご夫婦ともに登山好きでして、
とても素敵なご夫婦でしたよ!

繁盛期はめちゃくちゃ人が多くて
布団一つでねるなんて 無理だと思っていたのですが
なんともラッキーなことに 人数が少なく
一人1畳ほどのスペースが確保されました!!

次の日は 朝4時には起床!
ということで、8時には睡眠・・・

残念ながら 星も、ご来光もおがめずでした・・

つづく・・・。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。