獅子と虎に情熱を燃やして・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン・3 スティックシュガー と アミノバリュー  ときどき飴
2007年02月21日 (水) | 編集 |

20キロを過ぎると おなかがすいてきました
雨と寒さのせいで、エネルギーが消耗していたのでしょう。
25キロには バナナが待っている!!と 思い((o(^∇^)o))わくわく
して 走っていましたが・・・


進めども進めども バナナがない!!

すると・・・




「 もう給食はないので・・水飲んでくださ~い!」

とボランティアの方が


工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

_| ̄|○  バナナ楽しみだったのに・・




このまま行ったらその後の 給食もきっと残っていない。
きっとアンパンもクリームパンもチョコも きっと無理だ。
私はこのままゴールまでたどり着けるだろうか・・・・


一瞬不安に駆られる・・・


そんな時、沿道のお客さんが 飴をくばってくるのを発見!
(人-)謝謝(-人)謝謝 で いただき、 ぱくっと。

ありがたや~ すごく美味しい飴でした。

その後も ぽつぽつと おかしなどを 配ってくれる方が
出現しました。


なんて ありがたいんだろう。
涙がでてきました。


そんな中に 銀座のマクドナルドの前で スティックシュガーを
配ってくれている おじさんを発見!

「 スティックシュガーそのままだけど!!」 

私は そのスティックシュガーを ありがたくいただき
砂糖をなめなめ・・・・



う・・・ うまい。。。


こんなにスティックシュガーが美味しいとは!!
顔中に 砂糖をつけながら なめながら 走りました。


案の定 その後も 給食はすべて 配り終えていて 私たちは
水かアミノバリューで しのぎました。


しかし、沿道のかたの 心のあたたかさには 涙がでました。
ほかほかの おにぎりや おかしなど 配ってくれていました
きっと あの 協力がなかったら みんな完走できていなかったと
思います。


わたしも 途中 私のおばさんが パンを買ってきてくれて
それを いろんな選手に配りながら走りました。

みんなが ささえあって ゴールに向かってる そんな経験できて
本当にしあわせでした。


沿道のかたにとってもらった 1枚です。 


20070221122334.jpg
 


うっちー感激!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。