獅子と虎に情熱を燃やして・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠意をもって対応せよ
2006年01月17日 (火) | 編集 |
~(-゛-;)~


今日はとても大きなニュースがたくさんありました。

ライブドアの証券取引違反から、宮崎勤の 最高裁の判決や 
ヒューザーの小嶋氏の証人喚問

そして、阪神・淡路大震災から11年


私は 震災にはあいませんでしたが、
震災のあったその年の春に 大阪で暮らし始めました。
まだまだ、震災の後が残る街並みにショックを受けました。
あのときの三ノ宮を知っているだけに 現在の三ノ宮の
活気あふれる状況がうそのようです。

大学の友人にも、家が半壊した人や友達を失った人もいました。

あれから11年、震災のために 
あらゆる制度や建物が建設されるなかで、耐震偽造をなされた
建物が売られている現実。。。

そしてそれを問いただし、証言させる場で
拒否を続ける証人。


彼に誠意はないのだろうか。


なんだかなあ・・・
なんだかとても虚しい 
空虚感が 私の心に・・・


宮崎勤は あくまでも 無罪といいはるし


ホリエモンは これからどう対応してくるのかな?
彼のことは好きではないが、何事にも逃げない態度は
認めてきた。今回のこの大きなピンチも 逃げずに
誠意をもって 対応してほしい。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いろいろあったねぇ・・・
 なんだかいろいろあったね。

 ついていくのもむずかしいけど、ヒューザーってのは単なるディベロッパーなんでしょ?建築のプロというか販売のプロ。なのにここまでモノを話せないのはなんでだろう?話したくても「風説の流布」が罪になるのは前日のライブドア社長の件でわかってる事。結局、証人喚問なんて何も話せないじゃんね。

 いっつもこんな感じ。始まる前からこうなる事は分かっていたでしょ。毎回毎回同じような公開リンチみたいな形じゃ話は進まないよね。今までの証人喚問でロクに話が進展した事ってあったっけ?もうさ、いい加減にカタチを変えなきゃ・・・と思うのは僕だけだろうか。

 誰と誰が関わって云々の議論をしている暇があったら現在も住んでいる人やマンションの近隣住民の「命を守る」為の議論をしろってのが感想。いつ引越し完了させて建物を取り壊すか。そっちが先だろう。

 それでいつものパターンだと人が死ぬ。今回も既に死者が出ている。人として死んでほしくは無いが、それで事件は闇の中。
 
 違和感を覚えたのは検査機関の会社の社長がヒューザー社長に「あの人は恥を知らない」とコメント。アンタは偽造を見逃したことに対して反省してるの?って感じ。

 結局、いろいろあったなと思わせられたけど、なにも変らなかった一日といったところか。

 変な文章の書き方でスマねっす。
2006/01/17(火) 22:49:35 | URL | かけ #mYye75v2[ 編集]
not subject
だいたい、追求する側にも、この悪さにかかわってる
アホがいる始末・・。

どうやって押し置きするの?言ってみろ・・。

ホントに道徳心のかけらもねえ様に映る。
しかもどいつもこいつも・・・。

せめてもの報いに・・
この人間達が自分達で住んでる人から買い上げて
自分達で住んでみりゃいい。
2006/01/18(水) 03:17:34 | URL | ② #-[ 編集]
not subject
コメントありがとうございます

>かけさま
ほんとにむなしい証人喚問でした。
今日の参考人質疑は まだ少しは 実りあるものでしたが、
早く 住人の補償問題を論議されるようするため すべてが
明らかにしてほしいと 願います。

購入者でわる私たちも 安さだけに 飛びつかず、
もう少し 知識を つけることが必要ですね。
かけさん ぜひ伝授してくださいませ。

>②さま
ほんとに 汚い言葉もでちゃいますよね。
小嶋は とっても大きな豪邸にすんでいる。
まったく どうなってるのかねぇ・・
2006/01/19(木) 18:21:59 | URL | ちた #41Gd1xPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
<耐震偽造>小嶋社長「違法性の認識ない 証人喚問」 「この件に関しましても」じゃねーよ!だるい。だるすぎる。こんな証人喚問意味あるの?この補佐人強制退出していいでしょ。は
2006/01/17(火) 22:37:00 | weekly natu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。