獅子と虎に情熱を燃やして・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちの大和
2006年01月19日 (木) | 編集 |
(TT▽TT)ダァー




本日は 「 男たちの大和 」 を 鑑賞


久々の邦画・・・


泣けました。



これが 本当にあったことなんだ



と しっかりと心の中に 刻み込みました。



映画の中で 演じてた 俳優さんは かっこよかった。



きっと 同じようにかっこよかったのでしょう。



男として。



60年 



男 も 女も 大きく変わったものです。



今の若い世代の人に 観てもらいたい 映画です。



ぜひ、呉や知覧で 若くして国を守るために命をささげた
彼らの軌跡をみておきたい。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私もブログはじめました
ブログいろいろ見ていたら辿りつきました!私もブログはじめました!写メとかも載せてみましたょhttp://37514.net/pc/weblog/home/yuka/←見に来てください!
2006/01/20(金) 01:12:39 | URL | 優香 #-[ 編集]
連合艦隊
男たちの大和YAMATO オレも見ておきたい映画だわ。
でも、TSUTAYAに出てからかな、見るのはw

ところで、もし太平洋戦争の出来事を見ておきたいのなら、
東宝の「連合艦隊」もぜひオススメ。
父親(財津一郎)が乗る大和が沖縄に向け航行してるときに、
特攻で知覧にいる息子(中井貴一)が父と最後の別れに
大和上空を旋回するシーンは泣ける。
まぁ、ここは事実かどうかは知らないけど。

好むと好まざるに関わらずに、生まれた時代がほんの半世紀ほど違うだけで、
時代の荒波に飲み込まれていった人々の命の代償で、
今、自分たちがこうやって生きていけてることを肝に銘じておかないと。
知覧から飛び立っていった少年飛行兵たちは、ほんの17~8歳で
散っていたんだから。
今どきのその年代の子供達はいったいどう思っているのだろうか?
いつの日か、この国でも太平洋戦争のことは風化していくのだろうな。

おっと、何気に200踏んだかな?
2006/01/20(金) 11:49:40 | URL | 獅子虎之助 #YwFhO0mY[ 編集]
コメントありがとうございました。
お時間があれば ぜひ劇場でご覧くださいませ。

連合艦隊もぜひ見たいと思います。

ほんとに半世紀違うだけで同じ国がここまで
違うものかと 思いました。
戦争時代の日本人がすばらしいとは思いませんが、
なくしてはいけない 忘れてはいけないことが
たくさんあるように 思います。
それを伝えていくのが 親なのでしょう。

200番おめでとうございます・・
って そんなんかかれたら 上のどなたかしらない
優香さんの迷惑コメント消せないじゃないですか!!!

皆さん クリックしないようにw
2006/01/20(金) 14:05:21 | URL | ちた #41Gd1xPo[ 編集]
見たい。
こんばんわ。
「男たちの大和」ぜひ見てみたい映画です。
昔のことを知ることも大事だし、それを次の世代に伝えることも今を生きる私たちがやらなければならないことですから。
風化はさせちゃいけないです。

それと最近、邦画が急激に?!良くなったと思います。
日本映画にも頑張ってもらいたいと思います!!!
2006/01/22(日) 23:10:33 | URL | Light of hope #YTm/HTIs[ 編集]
ぜひ観て下さい
映画好きの Light of hopeさんなら 
観てくれると思っていましたw(笑)

とってもいい映画です。
長渕剛は そんなに好きではありませんが、
最後とても マッチしていたように思います。

私も 映画をたくさんみたいわあ~

ってことで試写会を当てようww
金沢は試写会がたくさんあります♪
2006/01/23(月) 15:03:06 | URL | ちた #41Gd1xPo[ 編集]
男たちの大和 みました!
私は、NHKでやっている 「その時 歴史は動いた」 で、大和のことをやった日にたまたま放送を見たので、色々と大和の生い立ちから 経過 そして沈没するまでを勉強してから 映画を見ることが出来ました。


去年、広島に行く機会があったので、原爆資料館に行ったりしました。呉は、宮島に行くときに通過してしまったんですが、宮島で山に登った時に遠くのほうに見えました。

戦争の歴史が展示してある資料館に行くと、胸がいっぱいになりますね・・・・。本当に日本であった事実なんですよね。今も、広島や長崎では被爆された方々が闘病生活を続けておられるし。実際に戦場へ行った方は、映画の中の漁師・神尾のように深い傷を残しているんでしょうね・・・。

原作者の辺見じゅんが生存者や遺族などに取材をして書いたお話だし、これに近しい感情を持っている人がいるってことですよね。

なんだか、考えさせられるお話でした。
2006/01/26(木) 16:38:00 | URL | きょうも #H4cJZq6M[ 編集]
コメントありがとうございます
いい映画というより大切な映画という
感じですよね。
私は 長崎しか資料館にはいったこと
はありませんが、広島にもいきたいです。

2006/01/26(木) 19:06:45 | URL | ちた #41Gd1xPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。